ブリスベンの達人.com[ブリスベンニュース]

豪人.comTOP

ブリスベンの達人.comTOP

ブリスベンニュース

東日本大震災ドキュメンタリー「3月11日を生きて」

東日本大震災ドキュメンタリー「3月11日を生きて」

2011年03月11日の東日本大震災から1年と半年が経ちました。
石巻市の津波に見舞われた港は、宮城県で最大の死者数になりました。

石巻関係者によると、3,600人の住民(これは都市の人口の約2.25%)が死亡および行方不明となりました。
この地域は19,000人がこの津波の影響を受けました。災害の後、再建に向け多くの人々が多大な努力をし、地域社会再構築を成し遂げ、未来の子供達へと環境を提供しました。

このドキュメンタリー、「3月11日を生きて」は、1995年の阪神淡路大震災でも復興を追った青池憲司氏により撮影されました。これは、地震と津波に見舞われた16時間を小学校の生徒、教師や親を含む災害を経験した37人の証言を映し出します。彼らは生きるためにどのように感じたか、そして彼らが見たものは。

映画はブリスベンとゴールド·コーストで上映されます。上映時間、1時間37分。英語字幕付き。上映後、映画監督の青池氏が、(日本語·英語の通訳あり)、映画について語ります。

 
★ブリスベン

 日時:11月25日(日)
    午後2時開場
 
 会場:Auditorium 1, State Library of Queensland
     (Cultural Centre, Stanley Place, South Bank)

 入場料:無料




投稿日: 2012年11月20日

無料!新規ブログ作成
無料ブログの登録はこちら

はじめての方へ

ブリスベンの食べる・飲む ブリスベンの観光スポット ブリスベンの現地ツアー ブリスベンのホテル ブリスベンのショッピング ブリスベンの留学・ワーキングホリデー ブリスベンツアー探検隊

シドニーのエリア情報

メルボルンのエリア情報

ブリスベンのエリア情報

ゴールドコーストのエリア情報

ケアンズのエリア情報

パースのエリア情報

エアーズロックのエリア情報


削除
東日本大震災ドキュメンタリー「3月11日を生きて」
    コメント(0)